第1回Battle Freak Competition

2017/05/05に第1回Battle Freak Competitionに行ってきました。

結果は7-1で予選1位抜けからのトナメ1落ちでした。また1落ちかよ

最近までずっとバトンを使っていたのですが、今回はずっと使ってみたかった銀のダンバルが手に入ったのでメタグロス軸を使うことにしました。パーティは以下の通り。

  

f:id:Alorphas:20170510205942g:plainf:id:Alorphas:20170510210039g:plainf:id:Alorphas:20170510210211g:plainf:id:Alorphas:20170510210227g:plainf:id:Alorphas:20170510210249g:plainf:id:Alorphas:20170510210305g:plain

ただ、回してる時間がなかったので調整はほぼ記事から持ってきたものです()

なので詳しい考察等を知りたい方は下記の参考記事を読むことを推奨します。

以下、詳細(常体)

 

キノガッサ@きあいのタスキ ようき テクニシャン

135-182(252)-101(6)-x-80-134(252)

タネマシンガン/マッハパンチ/がんせきふうじ/キノコのほうし

参考記事①から。ゲッコウガが重いので採用。ゲンガーに強くするためにようきにしている。

メタグロス@メタグロスナイト いじっぱり クリアボディ

155-205(252)-151(6)-x-110-122(252)

アイアンヘッド/れいとうパンチ/かみなりパンチ/バレットパンチ

今回の主役。ようきで耐久調整するのがメジャーのようだ(参考記事もそうしていた)が、パーティに回復ソース持ちが少ないので計算を狂わせて殴り勝つのも大いにアリだと思う。

ガブリアス@こだわりスカーフ ようき さめはだ

183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)

げきりん/じしん/がんせきふうじ/ステルスロック

参考記事①から。リザードンやカプ・コケコが辛いため入ってきた枠。

ヒートロトム@ゴツゴツメット ずぶとい ふゆう

157(252)-63-174(252)-125-128(6)-106

オーバーヒート/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/おにび

参考記事①から。めざめるパワーの都合Lv100まで上げたのだが、すばやさがすばらしければ別にLv50でいいことに気づいてしまった。

回復ソースがないゴツゴツメット持ちは正直使うのがとても苦手で、トナメでも積極的にこいつを繰り出せず負けにつながった。

フリージオ@コオリZ おくびょう ふゆう

155-49-70-147(252)-155-172(252)

ぜったいれいど/フリーズドライ/くろいきり/じこさいせい

嫁ポケ枠() 個人的に一番の採用理由は対オニゴーリだと思っている。じしんもぜったいれいども効かないし、適宜くろいきりを使うことでフリーズドライこおりのいぶきもしっかり受けきれる。元にした記事ではここの枠がのろいミミッキュだったので、同じようにバトンとかに強いこいつを採用しても何とかなるんじゃないかという割とどうしようもない理由で入ってきた。

予選では何の因果かオニゴーリ入りに3回も当たり脅威の選出率だった。今回予選を抜けるのに一役買ってくれたのは間違いないと思う。

カプ・レヒレ@ミズZ ひかえめ ミストメイカー

175(236)-72-139(28)-157(220)-151(4)-108(20)

ハイドロポンプ/ムーンフォース/ちょうはつ/めいそう

参考記事②の調整をそのまま使用。メタグロスで崩せない高耐久ポケモンたちを崩せるのが強かった。耐久面は持ち物なしガブリアスのじしんを高乱数切って2回耐えられる程度。メタグロスがいじっぱりなのでこのラインは確保して正解だと思う。

 

やはり自分でしっかり考えないと内容が伴わないですね……。今回予選抜けられたのはパーティ相性がよかったからだと思います。

 

参考記事

【ポケモンSMシーズン2使用構築】対面メタグロスタン【最高最終2049&SD1700達成構築】 - オールドファッション

エリヴァーガル - トルン息しトルン?

 

余談(主にフリージオについて)

第15回カントーポケモンオフでもフリージオは使いました(個体はまったく同じ)。そのときはいつものバトンパに付け加えた形(置物となっているキュウコンの代わりに採用)でしたが、さっぱり選出できず。まぁ考えてみれば当たり前でした。なぜなら、フリージオで突破したくなるような耐久ポケモンは積みの起点にできるのでフリージオの役割対象がいても結局バトン選出した方が強かったから。

さらに、しばえんさん(私がバトンを始めるきっかけになった人でカンポケ二連覇を狙う強者)とも当たったのですが、フリージオを選出することができませんでした。バトンミラーで勝負したかったというのもあったのですが何より裏選出のポケモン達に対して弱すぎた。結果はみがわりの試行回数を稼がれて負け。フリージオくろいきりできれば勝ちもあったようです。何より、しばえんさんがフリージオくろいきりを知らなかった模様。初見殺ししたかったなあ……。

ちなみに、クイズでもフリージオのぼうぎょがどの程度か、という問題を出題したのですが、正解率は芳しくなかったですね笑

7世代で能力が上がったフリージオですが、知名度はまだだいぶ低いようですね。

 

ここまで読んでいただいたみなさん、ありがとうございました。

【アローラフレンドリー最高最終1847(2位)】エレキシードとイーブイバトン【サンムーン】

先日のアローラフレンドリーに参加された方々、お疲れさまでした。

ランキング発表されてからだいぶ時間が経ってしまいましたが、2位という結果を残すことができたので一応記事書きます。

戦歴は45戦37勝8敗、最高レート最終レートともに1847でした。

f:id:Alorphas:20170208160218p:plain

使ったパーティは

アローラキュウコン/イーブイ/ハッサム/フワライド/ワルビアル/カプ・コケコ

です。時間がなかったのでS1の構築とほとんど変えることができませんでした。なので今回は多少簡潔に紹介しようと思います。

以下、詳細(赤字は変更箇所)

キュウコン@たべのこし おくびょう ゆきふらし

161(100)-72-95-121(158)-120-167(252)

ぜったいれいど/こごえるかぜ/めざめるパワー地/みがわり

バトン先として運用しようと思って作ったもののイマイチ使いこなせないポケモン。おまけにぜったいれいどを当ててくれない。

今回はS1と違ってルカリオハッサムメタグロスメガシンカできないし多少はいけるだろうと思ったのですが普通にハッサムいるしテッカグヤだらけだしでまさかの0選出。

ただ相変わらず選出誘導力は高く、初手はこいつに強い奴がたくさんやってきたので仕事はしたはず笑

イーブイ@イーブイZ おくびょう きけんよち

159(228)-60-74(30)-65-85-117(252)

とっておき/アシストパワー/みがわり/バトンタッチ

バトン要因その1。最速にして残り耐久。

相手が不穏な動きをしてきたときはほえるやふきとばしを読んでアシストパワーで吹き飛ばす、という立ち回りを何度かしたのでもう少しとくこうがあった方がいいかもしれない。

あと一度ふきとばしバルジーナに遭いました。こいつは本当にどうしようもないのでやめてください笑

ハッサム@オッカのみ いじっぱり テクニシャン

175(236)-185(150)-121(4)-x-113(100)-88(20)

バレットパンチ/どろぼう/つるぎのまい/はねやすめ

メガストーンを没収されたので調整が割と雑になってしまっているポケモン。ただ、思いのほかミラーが多く、ほとんどの場合先手を取れたので少なくともすばやさに関してはこれでよかった気がする。

一方耐久面には問題がありました。オッカを持たせたので不一致ほのお技持ちに普通に居座ったりしたのですが、思った以上に耐えてくれなかったです。メガしてないときのダメージ感覚がわからなすぎた。

あと持ち物ない状態でどろぼう選択しなきゃいけない場面が何度かあったので、ちょっとヒヤヒヤしました。ただ有用な持ち物を奪えることも多かったので、ぶんまわすとどちらにするかは好みの問題だと思います。

フワライド@エレキシード おくびょう かるわざ

225-76-96(252)-110-99(198)-118(60)

シャドーボール/ちいさくなる/みがわり/バトンタッチ

バトン要因その2。例によってエレキシードを発動させて上からちいさくなります。

PGLで持っているものの上位に入っていたのでそこそこ認知されてきたような気はしますが、それでもエレキシードを発動させられることは多かったです。

ガルーラがいないおかげですばやさ低下に怯えることはほとんどなく、安定して強かったです。バトンせずに勝ったことも何度かありました。

ワルビアル@ラムのみ ようき いかく

175(36)-169(252)-102(14)-x-91(4)-151(204)

つけあがる/じしん/みがわり/ビルドアップ

パーティのエース。イーブイからバトンしたときのつけあがるの威力はすさまじい。

ゴツメマッシブーンに勝ったときはビビりました(きゅうけつがあったら負けてましたが)。

環境にいかく持ちが少なかったのでみがわりの枠は別の技にしてもよかったかもしれないです。

カプ・コケコ@ひかりのねんど おくびょう エレキメイカー

145-136(6)-105-147(252)-96(6)-200(252)

マジカルシャイン/ボルトチェンジ/リフレクター/ひかりのかべ

すべての試合で先発を務めたパーティの守り神。

S1ではパルシェンの突破をほうでんの麻痺に頼っていましたが、テテフパルなるものが流行る気がしたのでボルトチェンジに変更しました。

しかしなぜかパルシェンが初手で出てきてくれず……。ほうでんを撃ちたい場面も結構多かったのでかなり窮屈でした。

 

正直なところ、環境に合わせた調整ができたとは言えないしプレミもしまくったので2位になれたのは本当に運がよかったと思います。

ひどかったプレミの例

ヤミラミがちょうはつ撃ってきたのにイーブイに交代。バトンする前にちょうはつされることに気づいて結局引っ込めました

ギガイアスのほえる(覚えられない)を警戒してアシストパワーを撃って耐えられる。返しの攻撃が急所に当たったら負けていました

 

ここまで読んでくださった方々、ありがとうございました。

 

追記 同じパーティで第63回えりきゃんオフシングル部門に参加したところ、なんと優勝することができました。フワライドのすばやさを少しいじった程度でほとんど同じパーティなので記事にはしませんが一応報告しておきます。

【S1シングル最高最終2016】エレキシードとイーブイバトン【サンムーン】

みなさん、シーズン1お疲れさまでした。この度、かねてからの目標であったレート2000を達成することができたので記事にさせていただきます。

戦歴は162戦103勝59敗、最高レート最終レートともに2016でした。

f:id:Alorphas:20170117144415p:plain

使ったパーティは

アローラキュウコン/イーブイ/メガハッサム/フワライド/ワルビアル/カプ・コケコ

です。並び自体はカントーポケモンオフで使ったものと同じになります。

以下、詳細(赤字は変更箇所)

キュウコン@たべのこし おくびょう ゆきふらし

161(100)-72-95-121(158)-120-167(252)

ぜったいれいど/こごえるかぜ/めざめるパワー地/みがわり

壁を貼るのは読まれるだろうと思ったのでむしろバトン先にしようと考えた結果生まれたキュウコン。回避率アップをバトンした後、みがわりを盾にぜったいれいどをぶっ放すのが理想ですが先制技持ちが多すぎてなかなか出せませんでした。

めざ地はジバコイルに対して撃つために採用したのですが、とつげきチョッキ持ちが多くて頓挫。ムーンフォースとかに変えるべきだった。

結局数えるほどしか選出できず、ぜったいれいどの命中もサッパリだめでした。普通に壁張り要因にして、活躍できそうなパーティに出していった方がよかったかもしれないです。

イーブイ@イーブイZ おくびょう きけんよち

159(228)-60-74(30)-65-85-117(252)

とっておき/アシストパワー/みがわり/バトンタッチ

バトン要因その1。上からZ技で耐久を上げるために最速。HPは定数ダメを考慮、残りはぼうぎょに振り分けました。

もともとでんこうせっかを採用していたのですが、使う場面が限られていたのでみがわりに変更。これにより、がんせきふうじやクリアスモッグの追加効果を回避したり、ちょうはつ持ちにみがわりで様子を見たりすることができるようになりました。

物理技の採用をやめたので、本当はこうげきをもっと下げなければいけないと思います。ただ、このイーブイは生主のKYさんのミラクル交換枠で引き当てたもので、このバトンパを作るきっかけになったポケモンなので、個体を変えるのが嫌でそのまま使ってしまいました笑

ちなみに、レートでは本人と当たるというミラクルも発生しました。その試合では初手イーブイ対面という面白い絵面が見れました笑

ハッサム@ハッサムナイト いじっぱり テクニシャン

メガ前:175(236)-185(150)-121(4)-x-113(100)-88(20)

メガ後:175-207-161-x-133-98

バレットパンチ/どろぼう/つるぎのまい/はねやすめ

環境にほのおタイプが少ないので無難に活躍できるだろうと思い採用。バトンが失敗しても壁を盾に積むだけでそこそこ戦えるのが強い。

ただレートが上がるにつれてほのお技を色々なポケモンに仕込んだパーティが増えたため、戦いづらくなった感がありました。

すばやさは準速ガラガラを意識していますが、基本的にガラガラがバトンする前に出てきてしまうのであまり意味がなかった気がする。

フワライド@エレキシード おくびょう かるわざ

225-76-96(252)-110-99(198)-118(60)

シャドーボール/ちいさくなる/みがわり/バトンタッチ

バトン要因その2。エレキフィールド下で繰り出すことでエレキシードが発動、ほとんどの相手に上からちいさくなれて強いです。リフレクターがあればがんせきふうじ程度ではみがわりを壊せなくなります。

カプ系が環境に多かったため道具を発動させられないことも多々ありましたが、カプ系に対してはカプ・コケコとハッサムが戦えるのでフィールドの取り合いもある程度はできたと思います。

すばやさはZテクスチャーポリゴンZを意識していますが対面したことはありませんでした……。

ワルビアル@ラムのみ ようき いかく

175(36)-169(252)-102(14)-x-91(4)-151(204)

つけあがる/じしん/みがわり/ビルドアップ

もともとはミミッキュ意識でいわなだれ、すばやさ調整用のローキックが入っていましたが、使用頻度が低かったので技変更しました。

オフのときは、いかくを入れながら後続を捨てられて負けるという事態が発生したのでじしんかじょうの採用も考えたのですが、みがわりやビルドアップで相手のいかくのケアはできますし、何よりこちらのいかく込みでみがわりが相手の攻撃を耐えてくれることがあったのでこれは大正解だったと思います。また、みがわりの採用によりフワライドのバトン先としても使えるようになったのも大きいです。

ミミッキュに対しても、ひるませられる確率に対してみがわりを残せる確率が大きく劣っていると感じたことはありませんでした。

つけあがるの威力は相変わらずすさまじく、半減程度なら持っていけることも多かったです。

道具に関しても、オフのときは発動せず変更を考えたのですが、みがわりがない状態でバトンしたときに状態異常技がよく飛んできたのでこの持ち物でよかったと思います。

すばやさは一応最速スカーフカプ・コケコまで抜けるようにしましたが調整の余地ありだと思います。

カプ・コケコ@ひかりのねんど おくびょう エレキメイカー

145-136(6)-105-147(252)-96(6)-200(252)

ほうでん/マジカルシャイン/リフレクター/ひかりのかべ

例によってキュウコンが壁を貼れないためにすべての試合で先発を務めました。パーティの守り神と言っても過言ではありません。

もともととんぼがえりを採用していたのですが、マジカルシャインで撃ち合いたい場面が多かったため厳選をやり直しました。

とんぼを撃ちたい場面もなかったわけではないですが、パーティ全体できついデンジュモクに対してある程度削りを入れられるようになったのは大きかったと思います。

 

・エーフィとワルビアル

バトン先のエースとしてよく上げられるポケモンとしてエーフィがいると思います。サンムーンでは、ワルビアルゴロンダがタイプ一致でつけあがるという物理版アシストパワーを使えるようになり、新たなバトン先エースとして運用できる可能性が生まれました。今回は、エーフィとワルビアルの良い点を簡単に挙げてみたいと思います・

エーフィ:マジックミラーによりほえる無効、高いすばやさ、高速回復技

ワルビアル:無効化されないつけあがる、耐性の良さ、いかくによる耐久

一長一短なので、どちらをバトン先にするかはパーティや環境次第だと思います。現環境はかくとうタイプがあまりいないのでイーブイワルビアルの並びでかくとうが一貫して困ることは少なかったですが、バシャーモが解禁されたら状況は大きく変わるかもしれません。

ちなみに、かたやぶりゴロンダの採用もなしではないと思いますが、肝心のミミッキュに4倍弱点をつかれてしまう上、すばやさが低すぎるので厳しそうです。

・パーティ全体に関して

やはりバトンの宿命か、ほろびのうた持ちや不意のほえるで泣きを見ることがありました。ほろびのうた持ちはゲンガーくらいしか見かけなかったのが不幸中の幸いといったところでしょうか。

今後、バシャーモの解禁によりバトン要因の幅は広がりますが、一方でバシャーモのせいで上から殴るのが難しくもなるので、この戦術がどこまで通用するかは未知数ですね。

 

P.S.全然関係ないけど最高最終が2017だったらとてもきれいだったのにちょっと悔しいですね。本当はもう少し頑張りたかったですがリアルの都合上断念しました(

 

ここまで読んでくださった方々、ありがとうございました。

第14回カントーポケモンオフ

2016/12/23に第14回カントーポケモンオフに行ってきました。

急ピッチでパーティを作りましたが予選8-1で1位抜けと思いのほかいい結果が残せたので記事にしてみようと思いました。尚、決勝トナメは1回戦で負けました(

今回のパーティはこんな感じです。

 

f:id:Alorphas:20161226180130p:plainf:id:Alorphas:20161226180218p:plainf:id:Alorphas:20161226180254p:plainf:id:Alorphas:20161226180349p:plainf:id:Alorphas:20161226180408p:plainf:id:Alorphas:20161226180424p:plain

パーティコンセプトはまぁ見ての通りバトンですね。相手がバトン対策ポケモンを持っていただけで積んでしまうという欠陥を抱えております(

以下、詳細

キュウコン@たべのこし おくびょう ゆきふらし

161(100)-72-95-121(158)-120-167(252)

ぜったいれいど/こごえるかぜ/めざめるパワー地/みがわり

元々こいつでオーロラベールを展開してバトンするつもりだったのですが、初手キュウコンがあまりにも警戒されるので、むしろこいつをバトン先にしてしまおうと考えた結果こうなりました。最悪バトンできなくても上から一撃技を連打できる

ただハッサムメタグロス、こおりタイプなどがいると下手に出せないので予選やトナメでは一度も選出できず。わざわざLv100まで上げたのに。

まぁサブイベントの対戦では活躍してくれたので全く使い物にならなかった、というわけではなかったです。

めざパはギルガルドやガラガラへの打点として採用しましたが火力がなさすぎて悲しくなりました。こおり技1ウェポンで残りわるだくみやさいみんじゅつを採用したほうがいいかもしれません。

イーブイ@イーブイZ おくびょう きけんよち

159(228)-60-74(30)-65-85-117(252)

とっておき/アシストパワー/でんこうせっか/バトンタッチ

今回のバトン要因その1。ナインエボルブーストのモーションがいちいち長い。

上からZ技で耐久力上げたいので最速、元々キュウコンと組む予定だったのでHPはあられダメを考慮して159、余りはぼうぎょに振りました。選出率3/10。

かわらわりガラガラが壁を破壊しながら壁役を突破してきたときでも上からZ技を撃てるおかげでフレアドライブだろうと耐えてバトンできるのが強かった。

ハッサム@ハッサムナイト いじっぱり テクニシャン

メガ前:175(236)-185(150)-121(4)-x-113(100)-88(20)

メガ後:175(236)-207(150)-161(4)-x-133(100)-98(20)

バレットパンチ/どろぼう/つるぎのまい/はねやすめ

 

今回のバトン先その1。現環境にほのおタイプが少ないので無難に強かったです。バトン失敗しても壁を盾に積むだけで十分戦えました。選出率6/10。

準速ガラガラは抜いてあるので1積みしておけば安心してどろぼうで処理できます。

こうげきの細かい調整は忘れましたが、よく見たら11n-2ですね。何かもったいないことした気がする。

本当はトレース対策とか考えたらライトメタルの方がいい気がしますが、確保することができなかったのでテクニシャンにしました。

フワライド@エレキシード おくびょう かるわざ

225-76-96(252)-110-99(198)-118(60)

シャドーボール/ちいさくなる/みがわり/バトンタッチ

今回のバトン要因その2。エレキフィールド下で繰り出して即座にぼうぎょ+1とかるわざ発動ができるので、ほとんどの相手に上からちいさくなれます。

カプ・コケコとセットでしか出せないので選出幅は狭まりますが、防御面はなかなかのものです。リフレクター+エレキシード発動状態でマンムーつららばり3発をみがわりが耐えたときはびっくりしました。

すばやさは、ZテクスチャーしたポリゴンZ抜きまで振りましたが、シャドーボールでは火力が足りないのでポリゴンZを仮想敵にするのであればアクロバットを採用するべきだったかもしれません。選出率7/10。

ワルビアル@ラムのみ ようき いかく

175(36)-169(252)-102(14)-x-91(4)-151(204)

つけあがる/じしん/いわなだれ/ローキック

今回のバトン先その2。今作でつけあがる(物理版アシストパワー)を手に入れたのでせっかくだから使ってみようと思い投入しました。残りの技は一致技のじしん、ミミッキュの行動を封じられる可能性のあるいわなだれ、残りのローキックは相手のすばやさを下げたい場面を想定して入れましたが使いませんでした。

持ち物は一度も発動する機会がなかったです。すばやさはバトン後にスカーフコケコまで抜けるようにしましたが耐久に割いた方がいいかもしれません。

特性は腐りにくいいかくにしてみましたが、相手のポリゴン2にトレースされそうになったり(実際はダウンロードでしたが)、ギャラドスに後続を捨てながらいかくをたくさん撒かれて負けたりしたのでじしんかじょうの方がいいと思います。

選出率4/10。

カプ・コケコ@ひかりのねんど せっかち エレキメイカー

145-136(6)-94-147(252)-95-200(252)

ほうでん/とんぼがえり/リフレクター/ひかりのかべ

初手キュウコンを警戒させてこいつで壁を貼ろうと思っていたので全試合で初手で出しました(思考停止)。

せっかちで厳選してしまったのでとんぼがえりを採用しました(

じしんが飛んできそうなタイミングでマンムーガブリアスに撃ったりしたので役には立ちましたが、別の技にした方がいいかもしれないです。

 

基本選出は、

カプ・コケコ フワライド ハッサム

カプ・コケコ イーブイ ワルビアル

でした。というかこれ以外ほとんど出してない。

デンジュモクが初手てよく出てきたのが非常にきつかったです。Zさいみんじゅつされたときはとんぼがえり+シャドーボール+バレットパンチで強引に倒しましたが、後で計算したところかなりいい乱数を引いたみたいです。何か別の処理方法を考えなければいけないですね。

トナメではパルシェンにフワライドがすばやさで負けてそのままパーティを崩壊させられて負けました。バトン以外の選出もできるような改良も必要ですね。

 

対戦以外では、クイズやオシャボ交換会などをやりました。とても有意義だったと思います(雑

エレキシードフワライド

エレキシードは七世代で追加されたアイテムだが、あまり使われていない印象だったので試しに使ってみようと思った。

フワライド@エレキシード

225-76-96(252)-110-99(198)-118(60)

カプ・コケコで壁を貼った後繰り出す。かるわざ発動で上からちいさくなるができるのが強かった。

壁とエレキシードがあればアローラガラガラのシャドーボーンを食らってもHPが大体半分残ってくれるくらいの耐久を発揮してくれる。

すばやさはかるわざ発動後にZテクスチャー後のポリゴンZを抜けるようにしたが、パルシェンのことを考えるともう少し速い方がいいかも。